スポンサーサイト

  • 2012.04.20 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    贋作に明日はない

    • 2012.01.19 Thursday
    • 12:30
    JUGEMテーマ:読書の楽しみ
    今年の冬はどうなっているの?って思うぐらい毎日寒いですね。

    そんな寒い日には、こたつで読書なんていかがでしょう。

    って、我が家にはこたつ無いんですけどね

    こたつは無くとも読書はできるってことで、お勧めの本を紹介しちゃいます。

    贋作に明日はない(東京創元社)
    ヘイリー・リンド , 岩田 佳代子

    うん?あれっ?と思われた方、

    そうです、前に紹介した(こちら)  
    贋作と共に去りぬ (東京創元社) の二作目です。

    前作では、主人公のアニーが、巻き込まれたと言うか自ら首を突っ込んだと言うか、贋作をめぐる事件にはらはらドキドキさせられましたが、今回も前作以上にいろいろなことが次から次へと…。

    私の文章ではうまく説明でき無いので訳者のあとがきを引用させてもらいますね。

    「今回の事件は、アニーの両親の昔馴染の殺人と、無愛想な彫刻家を巡る騒動、そして友人ブライアンが共犯の容疑をかけられてしまったシャガールの絵画盗難です。あの“おじいちゃん”に男手ひとつで育てられたアニーの母親が登場し、思いっきりアニーを振り回してくれます。また、ブライアンを助けるためとはいえ、再び絵画泥棒マイケルと行動をともにせざるをえない状況に陥るアニー。マイケルが絡んでくればすんなりと終わるはずも無く、おじいちゃんの仕事の影もちらついてきて…と、今回も大忙しです。しかも、なぜか突然“モテ期”まで訪れます。果してアニーは、本書の最後で迎える感謝祭のディナーを、誰といっしょに食べることになるのでしょう。そして、彼女の周りで起こった複数の事件は、どんな結末を迎えるのでしょう。」(訳者あとがきより)

    フフフ、結末はですねぇ......、危ない!ここで言ってしまっては読む楽しみがなくなりますね。
    皆さんもちょっとドジで危なっかしいけど応援したくなるアニーや個性豊かな登場人物の事件簿を楽しいでくださいね。

    そして、なんと三作目も今翻訳中とのことで、次回作も楽しみですね。


    にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ ポッチッと応援していただけるとうれしいです
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2012.04.20 Friday
    • 12:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>

      ふんわりふわり

      過去の日記やお弁当、
      プロフィールなどすみっちのHP

      にも 遊びに来て下さいね。
      よろしくお願いします。

      チキの本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM